工事用ヘルメットの着用は必須

工事用ヘルメットの着用は必須

現場工事を行う際に必ずかぶるのがヘルメットです。建築現場などで作業をしている職人さんを見たときにヘルメットをかぶっていない職人さんはいないと思います。もし居たとしたら、そこはきちんとしていない企業が行っている作業であると言えます。

というのも、頭というのは人にとって非常に重要な部分です。現場では何があるかわかりません。上から物が落ちてくる可能性もありますし、転落して頭を打つ可能性だってあります。その時頭を守るためにヘルメットは必ず必要となりますので、ヘルメットなしでも作業できる現場は論外ですし、通常であればヘルメットをつけ忘れる職人さんなど居ません。

頭部を守ってくれる重要な安全用品であるヘルメットですが、通常ヘルメットの使用期限というは定められていません。しかし、毎日使用していれば必ず劣化してきますので、時期を見て新しいものに交換しなくてはなりません。だいたい使用開始から3年~5年が交換の目安となっています。しかし、あご紐やヘッドバンドなどの着装体は使用開始後1年が交換の目安と言われています。これはあくまで目安ですので、傷んでいる場合はすぐに新しいものにかえるようにしてください。

トップページ