足元を守るには安全靴

足元を守るには安全靴

作業をする上で事故防止を行うためには足元にも注意することが必要です。高所作業をするときや現場内で移動するときにバランスを崩してしまったら危険ですよね。ですから、移動に使用する安全靴はきちんと選ばなければなりません。サイズがきちんと合っていない靴を履いていると移動しているときに脱げてしまったりしてつまづく可能性がありますし、脱げたときに転がっている釘が足に刺さってしまったりする危険があります。

脱げた安全靴がしたに落ちてしまったら、下で作業している人に当たってしまう可能性もあります。安全靴は通常の靴とは違い怪我をしないように鉄が入っていたりしますので、通常の靴が当たるよりも大けがをしてしまうことになりますので、自分の足のサイズに合うものを選ぶというのは基本です。

安全靴もさまざまな種類がありますので、作業の内容に応じて適したものを履くことが大切です。例えば内装工事をするときは動きやすいようにスニーカー対応、外で作業をするときは脱げにくいブーツのような眺めのタイプの安全靴と言ったようにその時々で適したものを選ぶことが大切です。安全靴ひとつにしても事故を防止し、自分の身を守る大切なことなのです。

トップページ